アルバトブログ

40代ホテルマンのはしくれ。接客に最も必要なのは心意気。スキルというものは特にありません。

ビジネスホテルってなに?【幅はありますが、泊まるに特化したホテルです】

f:id:aruvato:20210716030834p:plain

こんにちは、アルバトです。

今回はビジネスホテルってなに?という質問に現役ホテルマンとして答えようと思います。結論としては幅はありますが、泊まるに特化したホテルです。もう少し具体的に書いていこうと思います。今回はホテルをこれから初めて利用しようと思っている方に向けて書いています。読むことで少しでも役に立てたなら幸いです。

 

ビジネスマンが宿泊するホテルってこと?

ビジネスマンが主に宿泊するホテルという意味です。もし出張するビジネスであれば、寝られる最低限の環境があればいいと考えるはずです。30年くらい前に私が利用したホテルがまさにそうでした。部屋の大きさギリギリのベッドと浴室内に浴槽、トイレ、洗面台があるタイプの部屋です。しかし時代は大きく変わり、寝れるだけでなく、テレビがあったり、WiFiの環境があったり、仕事ができるスペースがあったりとさまざまなタイプのホテルが誕生し、すべて一括りにビジネスホテルと言われています。 

 

幅があるって?

 ベッドと浴室を最低限用意してあるところ、部屋の広さなど設備にこだわりを持っているところからサービスに力を入れているところなどさまざまな特徴を幅として表現しました。多くの方が思い描くビジネスホテルというイメージはまさに寝られる最低限のホテルだと思います。初めてビジネスホテルを利用しようとする方はビジネスマンが宿泊する最低限の寝る環境しかないと不安に思っているのではないかと思います。

 

 カップルやファミリーの宿泊は?

 問題なくお泊まり頂けることがほとんどです。ホテルによってはカップルプランやファミリープランをやっているところもあります。ビジネスマンだけが利用しているというイメージを変えるべく、日々どこのホテルも取り組んでいると思います。ただビジネスマンに特化しているところも含めて、すべて一括りにビジネスホテルとなっているので見極めが難しいです。公式のホームページを見たり、直接聞いてみるのもアリだと思います。

 

シティホテルとの違いは?

 施設的なことは婚礼施設やジムなど複数の施設があったり、サービス的なことは荷物運ぶ人やドアを開けてくれる人がいたりするホテルと私は思います。ただ値段が安いからビジネスホテル、高いからシティホテルと一概には言えないところがあります。なのでビジネスホテルを泊まることに特化したホテルと定義するのであれば、最低限宿泊する以外の施設的な価値やサービス的な価値がついているところと考えるのが良いと思います。ビジネスホテル側でもシティホテルのようにたくさんのレストラン施設を併設してるところやお客様のサポートをするいわゆるコンシェルジュがいるところもあります。

 

まとめ

 ビジネスホテルと一口にいっても泊まるのに最低限のベッドと浴室があるところからさまざまな特色をもつホテルと幅はありますが、宿泊に特化したホテルです。ビジネスマンか主に宿泊しますが、カップルやファミリーの方も問題なく、利用できる可能性が高いです。シティホテルのようにすべてではありませんが、宿泊する以外の価値を提供してるところもあります。皆さんのご宿泊お待ち申し上げております。最後まで読んで頂き誠にありがとうございます。

 

 こんなことも書いています、よかったらどうぞ!