アルバトブログ

40代ホテルマンのはしくれ。接客に最も必要なのは心意気。スキルというものは特にありません。

アメニティって持って帰っても大丈夫?【使い捨てのものは基本大丈夫です】

f:id:aruvato:20210719001918p:plain

こんにちは、アルバトです。今回はホテルのアメニティって持って帰っても大丈夫?という疑問について書いていこうと思います。結論は使い捨てのものなら基本大丈夫ということです。もう少し詳しく書いていきます。

 

アメニティってなに?

アメニティグッズの略称で、滞在を快適に過ごすための備品です。バスルームにあるものだとイメージしやすいかもしれません。例えば歯ブラシ、バスタオル、ドライヤーなどすべてアメニティです。最近はブランド品からホテルオリジナルグッズなども置いたりしています。なぜならアメニティはホテルの評価を上げるという重要なアイテムだからです。

どう判断したらいい?

 使い切りのものか繰り返し使うものかで判断し、わからなければホテルの人に聞くのが良いと思います。具体的なアメニティの名前をいくつか書くのでどれが大丈夫かイメージがつくと思います。

●持ち帰っても大丈夫そうなもの

・歯ブラシ

・くし

・カミソリ

個包装してあり、封を開けて使うものがほとんどです。形状が使い切りもしくは使い捨てタイプであれば問題ないです。もちろん歯ブラシ、くし、カミソリに限らず個包装されているのであれば、持って帰っても大丈夫な可能性が高いです。

●持ち帰りがNGなもの

・タオル

・パジャマ

・バスマット

使用後はリネン屋さんが回収し、洗って再利用するので持ち帰りはNGです。オリジナルのロゴが入っているものはホテルによっては販売用があります。気に入ったものがあればホテルに問い合わせしてみて下さい。

●形状によっては持ち帰りしても大丈夫なもの

・シャンプー

・コンディショナー

・ボディソープ

使用するときに封を切る使い切りタイプは大丈夫です。大きいボトルに入ってるタイプはNGです。

気に入ったアメニティを購入したい

ホテルオリジナル商品であればホテルで購入することができます。ブランドやメーカーのものも販売してるところもありますが、ネットで調べると大抵のものは購入できます。商品名がわからなければホテルの人に聞いて下さい。すぐに答えられることが多いと思います。私の勤め先のホテルではベッドを購入したいと問い合わせしてきたお客様もいらっしゃいます。

まとめ

 繰り返しになりますが、アメニティは使い捨てのものなら基本大丈夫というのが結論です。形状としては使用するときに封を開けて使い切るタイプのものです。部屋にあったからという理由で歯ブラシなどの他にドライヤーやハンガーを持っていくお客様もごくたまにいらっしゃいますが持ち帰りはNGです。境界線がわからないものについてはホテルスタッフまでご一報よろしくお願い申し上げます。最後まで読んで頂き誠にありがとうございます。

 

*こちらも興味ありましたらどうぞ*